主にソフト製作の近況を呟く予定でした。
しかしふたを開けると、何か違う事をしていました。

2018/01/01
下読みさん、小読みさんに続く三作目の名前が決まりました。 Novelys(ノベリス)です。 宜しくお願いします。

2015/06/19
小読みさん1.40が公開されました。

 
体感
小読みさんの記述を読んでいると、かなり長いスレッドが有りますね……。(羅列を除いて)一番長いのは600行くらいでしょうか。検索がなんとかなりそうなので、次は記述の整理整頓を始めます。
追記
×スレッド○メソッド
妥協
30歳まであと500日になりました。
自信が欲しい
はてさて。こちらだとできるのに、新規だとできないのはなぜだろう? うーん。
ちょっとテスト中です。
もう長い間、始まらない物語が頭の中に有る。初めはいくつか候補が有って、終わりはもう決まっている。でも終わりへの過程が見えてこない。だから物語の彼らは、ずっとそのままになっていた。終わらない中で、延々と初めを繰り返す彼らを見ている。進めるのはいつになるか。それはまだ、分からない。
フォームで良い物が有りました。
ノベリスですが、外観について少しづつ作成中です。窓枠のふちがどの設定でも無くなるような物を自作しています。できれば配布素材か何かが有ると嬉しいのですが……。
 もう500日と少しで三十路になります。
 何か人生に残す物を考えまして、先に三十路タイマーを作りました。
 今後1時間毎に画面へ表示されます。
 頑張ります。
残る
折れる
対話型スケジュール表が有ると面白そうです。この異様な無気力感が辛い……。
 A
 ・突然病気が発覚する。
 ・不倫で二重生活を送る。
 ・退職を機会に海外へ。
 
 B
 ・平凡な生活から異世界へ。
 ・世界に無い物を持ち込み絶賛される。
 ・異性から無条件で好意を受ける。
仮に新潟から東京へ行こうとする。手段として高速バスや新幹線、自動車・自転車・徒歩を考える。そしてふと考えると、東京へ行く方法ばかりに気を取られていました。可能な範囲で東京へ行く事ができれば、何を使おうと良いはずなのに……。
割く
記憶
冗談で
勘違い
歯車
無力感
焦り
言葉
否定的
沈黙
知識は
 某小説投稿サイトが重いという話を聞いて、「小説投稿サイトを立ち上げるにはどうするか」という空想にふけっています。サーバーを借りてPHP(という言語)で組む事になるんでしょうか。会員登録、ランキング、スマホ対応……先は長いですね。
面白さ
くらげの
test
ててろぷについて。使おうとしていたMarquee(スクロール)がHTML5で非推奨のようです。悩みましたが先に形として動く物を先に作る事を決めました。ほどほどに頑張ります。
また「ててろぷ」をC#で作ろうとする→記述の半分以上がJavaScript→なら全部ブラウザで動作するようにしよう→JavaScriptがとても厄介→オプションについてなんとかしよう(今)
Pythonも勉強した方が良いのかな?
こよみさんに関する新しい名前で難儀しています。
「オブジェクト指向をきちんと使いたいあなたへ」
書かれている言語がJavaのため、C#への変換に仕様で悩んでいます。
 100年前のアメリカでは「他の星へ(夢・精神・手段を問わず)移ってヒーローになるSF」が商業として成功したそうです。
 その後に「きちんと理屈を通した作品」が出て、心地よい破滅(安全圏から見たデストピア物)へ続きます。
 時代背景に差は有りますが、今の異世界物の流行りと似ているという声が有りました。
 となると、次は心地よい破滅が流行するかも……とはいかないかな、と。
 
 今は努力を省く(認識しない程薄い)方が好感を得られ易いそうです。
 上の通りで進むと……十全の幸福?
 はてさて
オブジェクト指向について、また改めて勉強を始めました。
サブパソコンのためにWordを購入しました。
小読みさんを次に更新するとしたら、
1.結果に円グラフを導入したい。
2.文字に関するオプションを整理したい。
3.誤変換し易い単語を探したい。
その前に最新版の小読みさんがどれなのか探さないと……。
久々に小読みさんを触っているのですが、使い難さを感じます。前に構っていた時は慣れていたからそう感じなかったんだと思います。この辺りを改善せねば……。願いが叶うなら時間と環境を下さい。
メモ
フォント・速度変更
○一時停止
単語検索
最前面表示
改行表示方法選択
残念ながら、ててろぷの縦書き表示を諦める事にしました。またいつか挑戦します。今は制作を優先しよう。
richTextBoxは移動するようには不向きなのかなあと。フォントを大きくして稼働するとかなりカクカクとしています。
「細いから大丈夫」という謎理論で冷や麦を二束茹でて後悔している深夜四時。
この難儀さはC++を思い出します。
使い難いというか、作り難いです。カテゴリ分けも今一つ分かり難く、くらくらします。今までのに慣れすぎたせいでしょうか。
WPF、非常に使い難いです。

↑このページのトップヘ